金剛山3大急登「サネ尾」を歩く

こんばんは。TSUBOSUGI1975です。

今回は先日、奈良県御所市の金剛山金剛山3大急登と呼ばれるサネ尾で登ってきましたので簡単に紹介したいと思います。

金剛山とは

金剛山奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪村にまたがる山です。標高は1,125mで金剛山地の最高峰となっています。

千早赤阪村金剛山ロープウェイ(現在休止中)があるため、千早赤阪村のルートの方が人気があります。そのせいで金剛山大阪府の山と思われがちですが、山頂は御所市にあります。

金剛山には無数の登山ルートがあります。千早赤阪村、御所市、五條市と複数の市町村からアプローチすることができます。これだけ多くの登山道が開かれているという事はいかに金剛山が交通の要所であり、金剛山を信仰する多くの人が登ってきたという事でしょう。

過去に書いた金剛山系のブログがいくつかありますので興味にある方は見てみてください。

tsubosugi-naranoyama.com

今回の登山ルートとアクセス

今回は水越川公共駐車場→水越峠→ガンドガコバ林道→サネ尾→のルートで山頂まで歩きました。

ガンドガコバ林道はダイヤモンドトレイルと重複しています。ガンドガコバ林道はダイヤモンドトレイル、カヤンボ、もみじ谷と分岐しますがガンドガコバ林道を突き進むと太尾塞跡に出てそのまま太尾道で山頂を目指すことができます。

サネ尾はガンドガコバ林道の途中からカヤンボに入ってすぐに分岐する尾根道です。もみじ谷の入り口手前にカヤンボの入り口があります。

今回のスタート地点の水越川公共駐車場は旧309号線にある無料駐車場です。20台程度は駐車できると思いますが、平日でも満車になるので早朝か昼過ぎに利用するのが無難です。

maps.app.goo.gl

サネ尾入り口まで

水越川公共駐車場からスタートして旧国道309号線を歩いて水越峠に向かいます。途中に水越峠のバス停がありますが金剛バスが廃業になるので、このバス亭も近々廃止になる予定です。

水越峠からガンドガコバ林道(ダイヤモンドトレイル)に入ります。

20~30分程度歩くと分岐に出ます。橋を渡らず進みます。

先ほどの分岐から100m程度進むと次の分岐に出ます。ここは左の沢に下りて行きます。

カヤンボの木の道標があります。ここを沢に下りていきます。

少し進むとまた分岐。白いテープが巻かれた木が目印です。ここを右に行きます。真っすぐ進むとカヤンボ谷になります。

ここがサネ尾の入り口です。いよいよ登りの始まりです。

いきなり急登のお出迎え

いきなり急登のお出迎えです。つづら折りにどんどん登って行きます。

平坦な所はなく急登が続きます。

ロープで進む道を示してくれています。

ここのロープがある登りが最後の急登になります。

平坦な尾根道に出ました。ここからは急登はありません。

一の鳥居まではなだらかな登り

なだらかな登りの尾根道がしばらく続きます。

この辺りは風が通るのでとても気持ち良いです。

分岐に出ました。左はカヤンボ谷から登ってくる道です。左に進むと下りてしまいます。真ん中は一番歩きやすい道でダイトレに合流します。右は一の鳥居前に出る道です。今回は右の道で山頂に向かいます。

このルートは踏み跡は明瞭ですが比較的足元が緩いトラバース道があります。

もみじ谷との分岐がありますが案内板がありますので安心です。

徐々に緑が多くなってきます。この辺りは春は新緑がとても美しいですが、夏は虫が多いです。

一の鳥居手前の道は年中ぬかるんでいます。下山でこの道を使う場合は滑りやすいので注意です。

一の鳥居前に出ました。ここからは参道を歩いて山頂に向かいます。

法輪寺に到着。

おわりに

以上がサネ尾ルートの簡単な紹介でした。

ちなみに下山は狼谷ルートを使いました。このルートは比較的歩きやすく沢の水で靴やポールを洗えるので重宝しているルートです。

サネ尾は序盤から急登が続きますが距離は短いのでゆっくり歩けば、そこまでしんどいルートではないと思います。体力強化にはもってこいのルートではないでしょうか♪

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

 

高取町 そば屋「そば切り 麓香庵」

こんばんはTSUBOSUGI1975です。

今回は先日、奈良県高市郡高取町のお蕎麦屋さん「そば切り 麓香庵」に行ってきましたので簡単に紹介したいと思います。

風情ある町並みにあるお蕎麦屋さん

「そば切り 麓香庵」は奈良県高市郡高取町清水谷にあるお蕎麦屋さんです。日本三大山城だった高取城の城下町跡の風情ある町並みの一角にお店を構えておられます。

近隣には土佐街道に残る武家屋敷跡や壺阪寺などの観光名所が多く高取城址が残る高取山もありますので観光客やハイカーがたくさん訪れるエリアです。

駐車場は店から少し離れた場所にあります。国道169号線から少し入った場所にありますが、軽自動車1台、普通車1台のスペースなので車で来られる方は気を付けてください。

店内はそれほど広くなくカウンター席と座敷に2席しかありません。もしかしたら奥に席がある可能性がありますが、来店する前に電話で確認したほうが無難だと思います。

ざるそば(大盛り)をいただく

初めての来店で何を注文していいか分からなかったので、隣の席の方3人がざるそばを食べておられたので私もざるそば(大盛り)を注文しました。

初めはワサビ塩を少しまぶしてそのままいただきましたがとても美味しかったです。つゆにつけていただくと、とても食べやすくどんどん食べてしまいました。大盛りにして正解でした。普通盛りだと男性は足りないと思うので大盛りがおススメです。

隣の席の方はつけ汁に付けて食べられていたので、そちらの方がより美味しくいただけるのかも知れませんね。次に来た時はつけ汁を注文しようと思います。

おわりに

以上が「そば切り 麓香庵」の簡単な紹介でした。

「そば切り 麓香庵」は土曜日・日曜日のみの営業です。付近は観光地なので込み合う可能性がありますので電話で確認してからの来店が無難だと思います。

高取町、明日香村に観光に訪れた際は「そば切り 麓香庵」のお蕎麦を是非とも食べてみてください(^^♪

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

maps.app.goo.gl

 

弥勒摩崖仏に会いに大野寺を訪ねる

こんばんは。TSUBOSUGI1975です。

今回は先日、奈良県宇陀市の大野寺を訪ねてきましたので簡単に紹介したいと思います。

大野寺とは

大野寺は奈良県宇陀市室生大野にある真言宗室生寺派の寺院です。山号は楊柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役行者と伝えられています。

開基は役行者と伝えられていますが、天長元年(824年)に空海室生寺を創始した際に、当寺を西の大門として堂を建て、弥勒菩薩を祀り、慈尊院弥勒寺と名付けたとされています。

伝承では役行者が開基したのが白鳳9年(681年)なので、慈尊院弥勒寺と名付けられるまでは寺ではなかったのかと無知な私は疑問に思ってしまいます(;^ω^)

大野寺の前を流れる宇陀川の対岸には巨大な弥勒菩薩の摩崖仏があることで知られており、境内に立つシダレザクラの古木も有名です。

寺は明治33年(1900年)に火災で全焼しています。その際に本尊の弥勒菩薩像を含む仏像等は持ち出されていますが、現在の建物は火災後に再建されたものです。

maps.app.goo.gl

圧巻の弥勒摩崖仏

宇陀川を隔てた大野寺対岸の崖面に残るのが国指定の弥勒摩崖仏です。高さ約11.5mの弥勒菩薩立像を線刻で表しています。

後鳥羽上皇の勅願により鎌倉時代の初めに興福寺の雅緑が造立することを発願され承元元年(1207年)より彫り始め承元3年に後鳥羽上皇の臨席のもと開眼供養が行われたとされています。

肉眼では分かりずらかったですが、カメラで拡大するとはっきり線刻の仏さまが確認できました。弥勒摩崖仏は大野寺に入山しなくても見ることができます。

大野寺とその付近を散策

大野寺の前には無料駐車場とトイレが設置されています。大野寺の入山料は300円です。

こじんまりとしたお寺で庭園がとてもきれいでした。

お堂と礼拝所があります。

大野寺の前を流れる宇陀川

川沿いの車道を少し歩くと大黒天のような摩崖仏がありました。

おわりに

以上が大野寺と弥勒摩崖仏の簡単な紹介でした。

近隣の室生寺が有名すぎるためかマイナー感のあるお寺に感じますが鎌倉時代に作られた巨大な弥勒摩崖仏の線刻がいまだに残っているのには感動しかありません。

室生寺に訪れた際には大野寺にもぜひ立ち寄ってみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

御杖村カフェ「hutte SUN」

こんにちは。TSUBOSUGI1975です。

今回は先日、奈良県宇陀郡御杖村のカフェ「hutte SUN」でお茶してきましたので簡単に紹介したいと思います。

御杖村のログハウス調のカフェ

「hutte SUN」は奈良県宇陀郡御杖村土屋原のカフェで国道369号線沿いにあります。私は三峰山や学能堂山に登る際に何度も前を通っていたので気になっていましたが営業しているのを見たことがありませんでした。

私は、ほぼ平日にしか山に行かないのですが今回、奥さんとドライブをしている際に営業していたので寄ってみました。この日は土曜日だったのですが調べてみると土・日のみの営業でした。

外観はログハウス調ですが扉は洋風でおしゃれな感じが漂っていますね♪

和洋折衷なオシャレな店内

店内は天井が高く開放的で少しヒンヤリしていました。冬はかなり寒いと思われ暖炉や囲炉裏がありました。

テーブル席と畳の間があり木を基調としながらも和の感じも取り入れたおしゃれな店内でした。

店内からの景色も良く集落の穏やかな風景を見ることができました。外にはワンワンがいてこちらをずっと見ていて微笑ましかったです(^^♪

コーヒーとケーキのセットをいただく

この日はホットコーヒーとバナナケーキのセットをいただきました。食器もとてもおしゃれで女性が好きそうですね。奥さんも喜んでいました。もちろんコーヒーとケーキも美味しかったです♪

おわりに

以上が「hutte SUN」の簡単な紹介でした。

「hutte SUN」はランチもやっているようです。御杖村には飲食店が少ないのでありがたいですね。

土・日のこの付近はバイカーやチャリンカーが多いので食事やお茶するのにオススメですよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

maps.app.goo.gl

南朝再興の夢の跡「かくし平」と「三之公」を訪ねる

こんばんはTSUBOSUGI1975です。

今回は先日、奈良県吉野郡川上村の「かくし平」と「三之公」を訪ねてきましたので簡単に紹介したいと思います。

かくし平・三之公とは

「かくし平」・「三之公」は奈良県吉野郡川上村にある史跡です。「かくし平」・「三之公」は山深い場所にありますが、かつてこの地には南朝再興を画策した公家の尊義王が潜伏されたと伝承されています。

尊義王南朝再興を画策し三種の神器の一つ八尺瓊勾玉を奪い「三之公」に隠れ住みましたが追手から逃れるために、さらに奥の「かくし平」に移り住んだと伝えられています。

「かくし平」に行宮を建て、この地に南朝を再興しようと画策しましたが尊義王は志半ばで、この地で亡くなってしまいます。

尊義王と行動を共にした自天王と忠義王は赤松氏に討ち取られ八尺瓊勾玉は奪還されます。そして南朝再興は夢と消えたのでした。

「三之公」という名称は三人の公家がこの地を住まいとしたことから名付けられたという説があります。

「三之公行宮址」には石碑が建てられており昭和53年に川上村文化財第1号として登録されています。

アクセス

「かくし平」へのアクセスはかなり厳しいものがあります。ほぼ登山になりますので安易に軽装で訪れないように気を付けてください。

車では入山口の前まで行くことができます。国道169号線から大迫ダムで県道224号線(大台大迫線)に入ります。しばらくは県道224号線を吉野川沿いに進み続けます。途中で集落が現れ入之波温泉 山鳩湯があります。

maps.app.goo.gl

吉野川が二股に分かれた地点で県道224号線から外れ林道に入ります。林道を行き止まりまで進むと鳥居と小さな祠が出てきます。ここが「かくし平」への入山口になります。

鳥居の付近に数台駐車できるスペースがあり、鳥居の手前にトイレがあります。林道は落石、木の枝、落ち葉が散乱する道になりますので運転には注意が必要です。

maps.app.goo.gl

入山すると沢沿いを歩き続けます。細いトラバース道と木の橋が続きますので歩きやすい道とはいえません。

木の橋は新しいものから古いものまであります。苔まみれで滑りやすい橋もありますので慎重に渡るほうが無難です。

なかには朽ちていてとても渡れない橋、完全に崩壊している橋があります。無理に渡ろうとすると橋が崩壊して谷に落ちる可能性があります。橋を使わず迂回するのが無難ですが、危険と感じた場合は引き返す勇気も必要です。

これらの危険個所をいくつか越えて「かくし平」に到着するわけですが、川上村が史跡に指定している限りは訪れる人がおられると思います。

このままではいつ大惨事が起きるとも限りませんので川上村がいち早く橋を整備する必要があると感じます。

かくし平と三之公行宮址を訪ねる

険しい道を1時間半~2時間ほど歩くと「かくし平」に到着します。今までの細い登山道から急に開けた場所になります。特になにもない場所ではありますが、こんな場所に公家が隠れ住んでいたとは・・・

「かくし平」は開けているだけではなく水も豊富に流れています。潜伏するには絶好の場所だったのでしょうか。

「三之公行宮址」は「かくし平」から10分程度登った場所にあります。「かくし平」よりさらに開けています。しかしこんな山奥に行宮が存在していたことに驚くばかりです。

「三之公行宮址」からさらに奥に進むと尊義王の墓があるのですが私はこの道標にしたがって進めばよいと思い込んでしまいましたが違ったようでした(;^ω^)

下山時に探す気力がなくスルーしてしまいました。なんのためにここまで来たのか・・・

大迫力の明神滝

「かくし平」までの途中には「明神滝」があります。100mほど急な下りがありますので当然100mほどの急登の登り返しがあります。
体力は消耗しますが是非とも近くまで行って滝を見ることをおススメします。すごい水量で大迫力です。

急登の先には馬ノ鞍峰

「三之公行宮址」からさらに登って行くと「馬ノ鞍峰」に到着します。稜線に出るまでは踏み跡が薄い急登が続きます。目印のリボンやテープ、地図、登山アプリなどを確認しながら進まないと道迷いを起こす可能性があります。

稜線に出るとなだらかなアップダウンが続きます。一部ヤセ尾根もありますがおおむね歩きやすいです。

ピラミッドのような形の白髭岳を見ることができました。

台高山脈縦走路のピークの一つの馬ノ鞍峰(標高1178m)です。山頂はさほど開けてはいませんが、なかなか良い雰囲気の山頂です。

おわりに

以上が「かくし平」と「三之公」の簡単な紹介でした。

なかなか厳しい道のりでしたが、「かくし平」に到着した際にはこんな場所に南朝を建てようと画策したことに驚愕しました。

今では途中までは車で来れますが、どれだけの距離を歩いて険しい山奥に逃れて来たのかと考えると昔の人はすごいなと思います。暗黒、熊などの獣のことを考えると私は一晩過ごすのも不可能です(;^ω^)

「かくし平」と「三之公」は史跡なので歴史好きの方は訪れたいと思うかもしれませんが登山経験者以外はなかなか訪れるのは難しいと思います。

夏にはヤマヒルが多いらしいですし、熊の目撃情報もある山ですので訪れる時期も考えた方が良いかと思います。春、秋に複数人で訪れるほうが良いかなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

森のカフェレストラン「ハーブクラブ」

こんにちは。TSUBOSUGI1975です。

今回は先日、奈良県奈良市の「ハーブクラブ」でランチをしてきましたので簡単に紹介したいと思います。

緑に囲まれたカフェレストラン

「ハーブクラブ」は奈良県奈良市水間町にあるカフェレストランです。国道369号線増ですが、交通量は少なく緑に囲まれた静かな立地です。

ログハウスのような店内に入ると天井が高く窓が大きいのでとても開放的な感じです。木のぬくもりも感じることができて良い雰囲気です。

テラス席もあります。夏は虫が多くて冬は寒いので春、秋がオススメですね♪

maps.app.goo.gl

障がいを持つ方が働かれている

ハーブクラブで気付くのが障がいを持った方が働かれているということです。ハーブクラブは社会福祉法人青葉仁会が運営されています。

障がいを持つ方と、障がいを持たない方が同じ職場でごく自然に働くという社会を目指してハーブクラブを運営されています。

こういった環境の職場が最近、増えているように感じます。毎回感じるのはみなさんとても一生懸命、そして丁寧にお客さんに向き合っていることです。

障がいを持つ方を可哀そうと思うのではなく、普通に一つの個性として受け入れ、ともに働ける社会の実現に向けて頑張ってほしいと思います。

月替わりランチをいただく

この日は月替わりランチをいただきました。地元の野菜をふんだんに使ったランチとなっています。野菜が新鮮でとても美味しかったです♪

たくさんの種類の料理がありますので、がつがつ食べるのではなく一品一品味わいながらゆっくり食べられるのが良いですね(^^♪

ギフトショップやモンベルルームが併設

ハーブクラブでは野菜やドレッシングなどの販売もしています。向かいにはギフトショップやモンベルルームも併設されており食事以外でも楽しむことができます。

サイクリングの途中に立ち寄られる方も多いみたいです。

club.montbell.jp

おわりに

以上がハーブクラブの簡単な紹介でした。

ハーブクラブの周辺は自然に恵まれており、歴史を感じられる観光名所も多くあります。奈良市都祁村に観光、ドライブに来られた際はハーブクラブにぜひ立ち寄ってみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

www.instagram.com

コスモス寺と呼ばれる「般若寺」を訪ねる

こんにちは。TSUBOSUGI1975です。

今回は先日、奈良県奈良市の般若寺を訪ねてきましたので簡単に紹介したいと思います。

般若寺とは

般若寺は奈良県奈良市般若寺町にある真言律宗の寺院で山号は法性山、御本尊は文殊菩薩です。

創建は舒明天皇元年(629年)、高句麗の僧、慧灌の創建と伝えられていますが、それを裏付ける資料はないそうです。天平勝宝八年(756年)の「東大寺古図」に伽藍が見えているので、その頃には存在していたことは確実とされています。

1181年の南都焼討により焼失し廃寺同然となりますが鎌倉時代西大寺叡尊、忍性により再興されました。国宝の楼門、重要文化財の経蔵はその時に建立された鎌倉建築です。

西国薬師第三番札所、関西花の寺第十七番札所でありコスモスの寺として知られています。

アクセス・拝観料

般若寺は県道754号沿いの柳生街道(国道369号線)と別れる地点の近くにあります。すぐ近くに東大寺があり人の多い観光地からやや外れた場所になります。

県道754号線に般若寺の大きな看板がありますので分かりやすいです。看板にしたがって曲がると大きな駐車場があり奥に受付があります。

拝観料、駐車料金は時期によって異なります。アジサイとコスモスの時期は拝観料+200円、その時期以外の駐車料金は無料です。

 

拝観料:大人500円

特別拝観:大人700円(6月1日から6月30日、10月1日から11月20日の期間)

駐車料金:無料

特別駐車料金:500円(6月1日から6月30日、10月1日から11月20日の期間)

maps.app.goo.gl

般若寺のシンボル・十三重石宝塔

般若寺に入るとまず目に飛び込んでくるのが十三重石宝塔(重要文化財)です。宋の石工、伊行末の手により建立され高さ14メートル、初重軸部に東方薬師、南方釈迦、西方阿弥陀、北方弥勒の四方仏が線刻されています。

薬師礼拝所。

昭和39年の大修理の際に五重軸石から阿弥陀如来銅像が発見され現在、宝蔵堂にて特別公開(拝観料300円)されています。

本堂・経蔵・楼門

本堂(奈良県指定有形文化財

戦国時代に旧金堂が焼失し寛文7年(1667年)に再建。入母屋造、本瓦葺き。堂内には御本尊の文殊菩薩像(重要文化財)が祀られています。

経蔵(重要文化財

鎌倉時代に建立。一切経が収納されています。本来、何のために建てられたかは不明だそうです。

楼門(国宝)

鎌倉時代に建立。入母屋造、本瓦葺きの二階建て門。門の外は住宅が立ち並ぶ京街道に面しており普通に住民が往来しています。生活道路に国宝があるのが奈良ならではですね♪

コスモスの見ごろは10月下旬から11月上旬?

私は10月上旬に般若寺を訪れましたがコスモスはまだ咲き始めでした。コスモスの見ごろは般若寺のホームページに紹介されていますので、確認してから訪れることをおススメします。

おわりに

以上が般若寺の簡単な紹介でした。

般若寺の付近は旧奈良監獄などもあり見どころの多いエリアです。天気の良い日に般若寺と付近の散策をされてはいかがでしょうか(^^♪

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

www.hannyaji.com